日系コミュニティー, 日系社会ボランティア

初めての〇〇式!お正月の過ごし方@サンパウロ

大晦日レポに続きまして、日系コミュニティのお正月をご紹介。

 

日本ではもう仕事始めの方も多いかと思いますが、ここブラジルでは2日からみなさんお仕事です。

12/25と1/1が休むべくして休む日なのに、今回はどちらも日曜日で振替きれないブラジル人たちは残念なんだってさ。

 

 

 

さて、協会の年間イベントリストの1番上にこれがあります。

 

Celebração do Ano Novo -Shinnen Haigashiski

 

 

 

ハイガシキ….?

 

 

 

聞きました、そして調べました。

 

【拝賀式】

戦前、一月一日に全国諸学校で職員生徒が参集し、天皇・皇后両陛下の御真影を拝し、国歌君が代を奉唱した儀式。

by Webliso辞書

 

 

そもそも[拝賀]とは目上の人にお祝いを述べることで、昔の日本では町単位で神社に行ったりしていたそうです。あの宝塚でもやるらしい!

 

 

 

でました、日本人も知らない日本文化

 

百聞より一見。元日の10時に同期も連れて会館へ。

 

 

 

するといつものホールが儀式仕様に。

img_1289

国旗、餅、白鶴!

 

集まっていたのは役員や各部の顧問とその奥様方30人程度でしたが、男性はちゃんとスーツも着ていてなんだか厳かな雰囲気…

 

私、Tシャツジーパンやけど大丈夫?笑

 

 

 

昨年亡くなった方々への黙祷、ブラジル国歌、日本国歌を斉唱。

まずは会長が挨拶。

昨年の各行事お疲れさまでした、みんないつも協力ありがとう。各部活も頑張ってくれてるねぇ、的なことを(ポル語で)おっしゃってました。

いつもいろんな部活に顔を出してる会長だからこそ、なんとなくの理解でも染みる…。

 

 

 

会長挨拶終了。

 

 

 

「次、誰か一言話したい人〜?」

 

 

 

 

(雑だwwww)

 

 

 

しかもこういうときに限ってあまり前に出ない日系人の皆さま。

必然と私にマイクが回ってきます。

「はい、じゃあ先生ひとことお願い!」

 

 

 

あぁ、やっぱり…笑

 

 

 

そんな機会もないかなと思い、

「あけましておめでとうございます。

〜ブラジルに来て半年経ちました。

昨日は15km走ってきました。今日初めて拝賀式に参加しました。

こうやってブラジルのことも日本のことも勉強させてもらっています。

あと1年半頑張るのでこらからもよろしくお願いします」

 

とだけ言わせて頂きました。日本語で!

 

 

 

 

 

「次は皆で ”1月1日” を歌いま〜す」

私「ん?」

「と〜しのは〜じめの、っていうやつです」

 

 

私(か、かくし芸大会のやつwww)

 

 

 

すぐにググって歌詞は出てくるけどメロディー曖昧。笑

アドリブにアドリブを重ねて乗り切る。

これがブラジルでございます。

 

 

 

 

 

終わったら皆キッチンに降りてお雑煮を頂きました!

img_1295

具沢山であっさりとした味付け。お餅はオザスコ本願寺の機械でつかれたもの。

 

真夏のお雑煮は温まるどころか汗かきながら食べたけど、久しぶりの日本の味は美味しかったです。

 

img_1297

 

 

 

式の最後に司会の方がこうおっしゃってました。

 

家でボーッとしてるよりも、こうやって新年の最初にみんな集まると今年も頑張ろうって思えますね!

 

 

 

その通りだなと思いました。

 

 

こんな1月1日が積み重なって1年を繰り返されて結果として、このコミュニティが60年以上続いているんだなぁ。

2年だけでも踏み込ませて頂いていることに感謝です。

 

コメントを残す