日本から11時間遅れて迎えたブラジルの2017年。大晦日の1日レポです。

 

1.大晦日にマラソンがあるらしい

2.パウリスタ大通りでカウントダウンするらしい

3.白い服を着るらしい

 

2回しかない、ブラジルでの年越し。

郷において郷に従いまくるべく、結果、全てをやりきりました。笑

 

 

Corrida São Silvestre(サン・シルベストレマラソン)

サンパウロ市内のスクランブル交差点、Avenida Paulisa(パウリスタ通り)で9時前に待ち合わせ。合流できるのか!?と不安になるほどの人混みを縫い縫い…同期と再会。

 

なんだかんだでサンパウロ州以外からも集い、教師陣5名で一旦円陣を組みます。笑

 

 

 

サンパウロの美術館前をスタートし、市内を1周してまたパウリスタ通りに戻ってくること15km。

ちなみに私の記憶では走ったことない距離です。

 

 

 

事前に登録をすればTシャツや完走記念メダルがもらえます。

しかしここはブラジル、3万人規模の大会で3分の2は未登録ランナーだとか。

 

 

その2万人分の自由なノリに紛れ込む日本人5人!

いぇーい。

 

 

 

登録ランナー以外にもいろんな団体がいるようでした。

サンタやマリオ、C3POの仮装をした人も。

 

 

 

ライブ放送もあったようで、とりあえずカメラに手を振る日本人5人!

いぇーい!

 

 

 

沿道には、「おはよう!」「頑張れアミーゴ!」「よいお年を!」と声をかけてくれる人たちが。

 

給水所の水が切れてたり、歩く人は脇にそれて走る人が真ん中という秩序もない。

なんせ自由なので途中で普通にカフェに休憩しにいく人がいたり。笑

 

 

他には

「水いる?」と分けてくれようとした見知らぬ女性、マラソン中もレディーファーストなおじさま、反対車線からクラクションで盛り上げる消防車。

 

マラソン一つでも文化的発見がてんこ盛りでした。

 

 

 

早々に同期とははぐれ、1人で黙々と走る15km…

午前中でも照りつける夏の日差しと、ゆるく長い坂道は正直辛かったです。

 

それでも、走ってよかったと思えたことはたくさんありました。

 

 

コース内には6年前の旅行で訪れた箇所がいくつかあり、「ここ見覚えある!」と懐かしさが私を励ましてくれました。

 

よっぽど辛さが顔に出ていたのか、目が合った瞬間 静かにハイタッチしてくれた沿道のお兄さん…1秒だけ恋をしました。

 

コースの終盤になると

「あと3kmだよ!」「もうちょっとで着くよ!」

と沿道からもランナーたちからも上がる声。大勢の中にいるのに孤独を感じませんでした。

 

 

私はこの見知らぬ国で、この国の人たちと走っているんだなぁと感じました。

ブラジルがひとつになり、その中に自分も入り込めた気がしました。

 

 

サライやZARDを脳内で流す余裕もなかったけど、なんとかゴール。

最後の坂1kmはさすがに歩いてしまいましたが、立ち止まらずにたどり着けたので OKとします。

こうして2時間31分50秒の文化体験が終わりました。

 

 

ゴール後・・・

「やばい、電波を発信する端末を何も持ってない」

と焦った時間は意外と短く、はぐれた同期たちとなぜかめちゃめちゃスムーズに再会。

なんだろう、みんなそれぞれ持ってるのかな?笑

 

 

とにかく本当にいい思い出になりました。そして私は心に誓ったのです。

 

 

 

来年は走らないぞ。笑

 

つづく

【もはや夏フェス!大晦日の過ごし方@サンパウロ】