日系社会ボランティア

わたしがブログを書く理由

志を改めて。

1年前の今頃、東京でOLをしていたわたしはシェアハウスで応募書類の作成に追われていました。

 

 

日本語教師になりたい、自分の生まれた国と言葉を知りたい。

 

 

動き出したキッカケは今でも変わらないし、「ブラジルでの自分」というイメージを作り上げてから来たわけではない。

それでも3ヶ月経った今だかからこそ感じるものがそれぞれあるはずです。

 

今日は、自分はなぜブログを書き続るべきなのか、を改めて文字にします。

(ちなみに合格が決まってからすぐに書いた記事はこちら。)

 

 

 

では早速いってみよーう!

わたしがブログを書く理由:もくじ

  • 自分の考えをまとめたい
  • 誰かの役に立ちたい
  • 文字だけでおもしろい人になりたい

 

 

 

自分の考えをまとめたい

 

人はいつ考え事をするんでしょう。

夜眠る前、通勤電車の中、テレビがおもしろくないとき、衝撃的な本に出会ったあと。

 

リュックは前に背負わなきゃ。スーパー寄って帰ろうかな。次の授業はどんな風にしよう。このニュース、なんの話? はぁー星野源かっこいい。

 

(最後若干乱れましたけど)考え事といってもいろいろありますよね。

 

わたしの頭の中は結構忙しい方らしく、いつも思ってることを口にしてみたら

「そんなこといつも考えてたら疲れるわ!」って友達に言われたことがあります。

 

 

まぁ考えすぎっていう考え方もありますけど、とにかく

人が何を考えてるかは言葉にしないとわからないです。

 

だから人間は言葉を持っているし、言葉が変われば話し方も変わるし、使い方で薬にも毒にもなります。

 

 

じゃあ散らかったアイデアはまとめよう。どうせまとめるなら自分以外が読んでわかるものにしよう。

これは意外と難しいんですけど、それでも何かしらのトレーニングとなり、ストレス発散にもなると思っています。

 

 

1年前何してたかはFacebookが教えてくれるけど、どう思ってたかは誰も教えてくれません。

 

 

 

 

誰かの役に立ちたい

 

上京したてのとき、ボランティアに合格した時、こう思っていました。
「自分と同じ環境・課題を持っている人はいないのかっ!」

 

関西出身の新卒OL、ボランティアでブラジルに行くアラサー。

もちろん世界は広いのでこういう人たちはいるんだけど、全員がウェブ上でアウトプットしてるかというとまた別の話です。

 

 

探してもいないなら自分から発信しよう。

そしてこれから同じ境遇におちいる人にはサンプルにしてほしい。

そう思ってブログを書いていました。

 

 

 

関西弁のゾウの神様がいろいろ教えてくれる本はご存知ですか?

カジュアルに自己啓発してくれるところが結構すきです。

 

 

その中のひとセリフ。

 

「仕事、お金、人間関係、幸せ……人間の悩みなんちゅうのはいつの時代も同じや。
そんで本ちゅうのは、これまで地球で生きてきた何億、何十億ちゅう数の人間の悩みを解決するためにずっと昔から作られてきてんねんで。
その『本』でも解決でけへん悩みちゅうのは何なん?
自分の悩みは地球初の、新種の悩みなん?
自分は悩みのガラパゴス諸島なん?」

 

私は本を書くような人間でもないけど、誰かが探していたキーワードに少しでも自分が引っかかったら嬉しいです。

 

ブラジルに住んでいる日本人、ボランティアに興味がある人、日本語教師を目指す人…

 

自分の中だけで悶々としていたけど、同じこと考えてる人がいるんだなと思うとなんか安心しませんか?

 

 

 

わたしが書く記事たちは特効薬でもなんでもないけど、ヤクルトとかミンティアとかそれぐらいの感じでふと思い出したときにクィッと摘んでもらえたらいいんです。笑

 

 

話が難しくなっちゃった?

 

要はこんな人間もいるってことです。

 

 

 

文字だけでおもしろい人になりたい

もうこれはある種の下心です。笑

 

もともと本を読むのが好きで、小1のときに本の読みすぎによりひと夏でメガネっこデビューを果たしました。

(そのあと転校先で「メガネザル」って言われて軽くいじめられるんだけど、その安直なネーミングだけがどうしても受け入れられなかったww)

 

 

言葉を選んで繋げているだけなのに、声出して笑えるってすごいと思うんです。

 

 

twitterでおもしろいこと呟きまくってる人が多いこととか、2人が話してるだけの漫才があんなにおもしろいのは、日本語だから、だと信じてます。

 

twitterは画像も付けられるし、漫才に関しては顔とか声とかもあるけど、それでも日本語が文脈を深く含む言語であり、日常会話に必要な語彙が多いのも特徴です。

 

あとオヤジギャグは語彙がないとできないと思っています。似たような言葉を探して結び付けないといけないんですよ?結構難しくないですか?

 

 

ただ世のオヤジの皆さんが「さむい」「きもい」「おもしろくない」と言われてしまうのはタイミングとかそもそものセンスの問題かと。笑

 

セニョーレスオヤジを敵に回すつもりはないですし、RIP SLYMEの詞とかめっちゃ好きです。

 

何よりわたし自身も言葉遊びが好きです。頭の中で韻を踏もうとすることもしばしば(笑)

 

 

 

どんなにくだらないことでも、おもしろい!と感じて形にする。

上手な文章、おもしろい文章が書けるようになることも自分磨きのひとつのつもりです。

 

 

自分を表現できる言葉=母語。

日本語が母語でよかったと思ってます。

 

 

 

使い方も教え方も難しいし、はっきりしないところもある。

でも奥が深くて多様性があっていくらでもおもしろくなれそうだから。

 

 

 

 

 

最後に

 

このページで綴っていることはあくまで個人の意見です。

 

こいつは勉強不足だなぁ。
よくも知らないのに知ったように書いてる。
立場をわきまえて記事を書くべきだ。

 

共感や賛成だけではない感情もあると思います。

そしてどんな人が読んでくれているのかは私にもわかりません。

実際に会ったことがある人もない人も、どうか温かく見守って頂けると嬉しいです。

 

 

 

コメントを残す