言葉の壁も心の壁。ブラジル上陸3ヶ月目で思うこと。

  • あなたは何カ国語話せますか?
  • それぞれどれくらい話せますか?
  • なんで話せるんですか?
  • どうやって学びましたか?

これを日本にいる人に聞くだけで何百、何千通りもあると思うと勝手にわくわくしちゃう。

 

 

 

どうも、自称言語ヲタクのミカ(@mica513)です。

4年間、語学スクールで言語カウンセリングと営業をしてきたわたしが自論を綴ります。

 

 

私の言語スペック

日本語、英語、韓国語、ポルトガル語が話せます。

日本語両親が日本人だから。日本で教育を受けたから。ネイティブスピーカー。

英語英会話教室に通ったから。大学で専攻したから。仕事で使っていたから。外国人と付き合ったことがあるから。ビジネスレベルの下。

韓国語大学で1年間授業を取ったから。

ポルトガル語2ヶ月訓練を受けたから。ブラジルで生活しているから。

 

小5で近所の英会話教室に通い始めた時、ミカ少女は密かにこう思っていた…

 

「英語ができれば外国の人と話ができる…?
じゃあ人類が宇宙語マスターしたら、宇宙人と…!?

 

外国語、おもしろそう!」

生まれも育ちも違う外国人は宇宙人だ、ぐらいのワールドワイドさでいた。

 

つい最近、この話をしてみたら同期ボランティアにこう言われました。

「宇宙人とか、バカじゃないのw」

どうも、言語バカです。

 

 

しかし言語バカは思っていた

 

数ヶ月しか勉強してないのに、飲み込みの早い人がいる。

何年も勉強していくなかでゆっくり覚えている人がいる。

まったく外国語ができない人もいれば、何ヶ国語もペラペラな人がいる。

 

 

これは、運動神経と一緒だ!

 

勉強した時間に関係なく、コツをつかむのが早いのは語学神経があるからだ。

逆に同じ時間と質、方法で勉強しても差があるのは、運動苦手な人もいれば音感がない人もいるのと同じ。

 

 

じゃあ語学神経がないと一生上達しないのか?

 

そうじゃないんですよねー。

 

 

だって小学校で逆上がりとか二重跳びできない人って、そのままほったらかしでしたか?

頑張って出来る子に教えてもらったり、休み時間に練習したり、少しでも努力してみんなと同じラインまで頑張ったはずです。

 

かつて、私がそうでした。

 

小学校の時は切り絵クラブで制作に徹し、図書委員を務め、休み時間は絵を描くか読書、一番きらいな科目は体育。

 

 

こんなメガネザル(男子からのあだ名)でも、中高でバスケ部をやりきり、大学ではフットサルを始め、卒業後はボルダリングにも手を出しました。

 

 

やってみないとわからないし、続けてこその成果がある。

 

語学スクールのスタッフだった4年間、お客様である生徒さんにこう言い続けてきました。

言語は結果が出るのに時間がかかるし、その結果も見えづらいんです。
でも辞めたときの急降下は一瞬ですよ!(喝!)

 

(喝!)は言ってないよ。

 

 

 

 

ポルトガル語、頑張って発話し続けようと思います。