会社員時代は会議でプレゼン!というものはなかったものの、ブラジルにいた頃は中間報告会&帰国報告会があったり、先日も母校の大学に呼ばれ、座談会で話してきました。

 

パワーポイントって出来上がりが本当に人それぞれだよなぁ〜と思いながら、どうせ時間をかけて作るなら、「伝えたいことが伝わるもの」「聞いている人が快適になれるもの」がいいですよね。

この記事では、パワーポイントを作るときに私なりに気をつけていることをまとめました。

 

 

こんなパワポは嫌だ

本題に入る前に、「わかりづらい発表」「見づらいパワーポイント」ってどんなイメージですか?

・字が小さい、フォントが読みづらい
・なんかごちゃごちゃしている
・いつ終わるんだろう…と思ってしまう

つまりこの逆を行けば、わかりやすいパワーポイントになるのでは!? ということで5つのポイントを紹介します。

 

1. 目次を作る
2. 読ませるではなく見せる
3.フォントは30以上
4.色は3色まで
5.写真とアニメーション

 

 

1. 目次を作る

帰国報告のときのスライド

発表時間は有限です。限られた数分間、数十分の中で話し終わらなくてはいけません。そこで役に立つのが「目次」です。

聞く側のメリット

✔ 今から何の話を聞くのかが最初にわかる
✔ 全体の時間の流れがわかる
✔ 聞いてる途中で進行具合がわかる
→「今この変だな…」「もうすぐ終わるな…」がわかると聞き疲れが少ない

 

作る・話す側のメリット

✔ 全体の時間配分がしやすい
✔ 項目ごとにスライドが作れる
→過去2回の報告会(7分)では、ほとんど1項目1スライド(1分で発表)にしました
✔ 「最後のまとめ」にもっていきやすい

このように、目次を作ることで、発表をする人にとっても聞く人にとっても、時間と内容の”軸”ができます。

 

 

2. 「読ませる」ではなく「見せる」スライドを

びっちりと文字が敷き詰められた取り扱い説明書のようなスライドをたまに見かけますが、私は正直 流し読みしてしまいます。笑 それか発表者が要点を言ってくれるまで待つ。笑

ましてや、その長文の中に太字色字のアクセントがないと余計単調なものに…

スライドはメモ程度。

キーワードなど大事な情報だけを文字として載せるようにするといいです。

 

 

3. フォントは30pt以上

とにかく字が小さいと見えない!

発表する人も手元のパソコンやスクリーンに目を細めたりしなければなりません。

デスクで作っているときは「これなら大丈夫」と思っても、いざ発表するときの環境になると小さくなってしまうのです…

結果、発表する声も小さくなり、自信がなさそうに見えたり、聞き取りづらかったりします。

ということでフォントは30pt以上が目安に。タイトル・見出しは40ptぐらい。

1スライド上の文字の大きさもある程度統一した方がまとまりよく見えます。

 

 

4. 色は3色まで

このスライドを見てください。先日、母校の大学でお話しさせてもらったときに、簡単な経歴紹介をしたときの内容です。

BEFORE

1行ずつ出していくようにはしましたが、なんとなく読むのが面倒ですよね。笑

 

ということで色をつけてみました!

AFTER

ターニングポイントとして、関わった国を中心に色文字にしました。これぐらいならそんなにうるさくないかな?

文字だけでなく、図形を入れる時もベースカラーアクセントでプラス2色ぐらいがきれいです。

 

 

「てか、これだとベースの黒と合わせて4色やないかい!」というツッコミが聞こえてきそうですが、次、行きます。笑

 

 

5. 写真とアニメーション

似たような色味の写真をベタ付けすると、実は見づらいんですよね…。

そんなときは、次のどれかをするだけで結構すっきりします。

✔ 大きさに大小をつける
✔ 写真同士に隙間を作る
✔ いっそ1枚だけ選んで徹底的に掘り下げる

4枚も説明するとなると結構時間かかるヨ

 

あと、アニメーションはいらない です。スポーツのフォーメーションをアニメーションで表現するというような目的がない限り、写真をくるくるさせたり、スライドをペラペラさせたりすることに意味はありません。

 

いろいろこだわって動かしたいなら、いっそYoutube動画で画像編集とかしちゃいなよ!YOU、Youtuberになっちゃないよ!って思います。笑

 

 

最後に

少しは参考になりましたでしょうか?

あの人の発表はわかりやすかった!という人がいれば、どこがよかったのかをメモしておくのもアリですね。

私も人生でパワポ作成の経験が多いわけではないですが、私たち2016-1次隊はブラジルでの帰国報告会では100人の前で発表したことがあります。(前代未聞、最初で最後)笑

「身内ではあるけど他の職種にも同職種の人にも伝わるように」を心がけていました。そのプロセスが少しでも役に立てばと思い、ここに記憶しておきます。

 

 

詰め込みすぎず、シンプルに。

取捨選択をして、いいプレゼンにしましょう!