日系社会ボランティア, 活動ログ

生徒からのフィードバックが欲しい!授業アンケートをとってみた

学期末、生徒と保護者を対象に授業アンケートを実施してみました。

 

突然ですが皆さん、自分の評価って誰がしていますか。

今までの人生で、私には評価する人がいました。

 

学校では先生が、会社では上司や先輩が、ちゃんとできているのか、どこを直せばいいのかを見てくれていて、数字も出してくれました。

でも、ボランティアには評価する人が明確でないことがあります。

学校で活動している場合は、生徒なのか、保護者なのか、配属先の学校なのか、はたまた事務所のスタッフなのか。

 

これは中間報告で同期の発表の中にもありました。一番近くにいる評価をする人は生徒だと。(私もそう思うよ!)

 

 

目次

  1. こんな経緯で実施しました
  2. 質問項目を公開!(生徒用&保護者用)
  3. 結果と感想
  4. 反省と課題

 

1.こんな経緯で実施しました

教務経験ゼロで派遣され、初めての授業。何が正しくてどこを改善すればいいのか、ピン来ていませんでした。

 

今では子供たちとの信頼関係もでき、
「今日の授業 楽しかった?」と自分から聞いてみたり、
「先週の授業楽しかったからまたやってー!」と言ってきてくれるようになりました。

 

それでも、まだまだ改善点はあるはず。

 

授業だけでなく、学校全体のことや先生のことをどう思っているのか知りたい…

そこで、学期末のテストと保護者会議のタイミングを使ってアンケートを実施しました。

 

 

2. 質問項目を公開!

今回はとにかく私が知りたいこと・気になっていたことをメインで作りました。

アンケート生徒用

  1. 授業についてどれくらい満足していますか ( 10段階評価)
  2. 1.で答えた理由はなんですか。
  3. 下記の項目で満足していますか。(10段階)
    授業のスピード、授業の量、説明のわかりやすさ、内容の面白さ、宿題の量
  4. 授業の内容について意見はありますか。
    他に勉強したいことはありますか。(記述式)
  5. 受講を希望している時間帯
  6. コメント

アンケート保護者用

1と2、4〜6がは生徒用と同じですが、3番の代わりに下記の2問を追加しました。

  • お子様の日本語レベルの向上は見られましたか。
  • 家庭で日本語を使うような変化はありましたか。
    (はいorいいえで回答+理由を記述)

ポル語訳は現地の先生にも手伝ってもらい、日本語と両方載せました

私が後で見たとき、後任のボランティアが着任直後に見た時にわかりやすいようにです。

 

 

3. 結果と感想

生徒用の結果

思いのほか評価10が多かった…笑 授業内容についての意見や、記述式の欄やコメントも白紙の人が目立ちました。

現状で満足しちゃってるのかな?テストと同時に配布したから疲れちゃってたのかな?笑

 

保護者用の結果

こちらはかなり評価にもばらつきがあり、また記述欄にも長文で、具体的に書いてくれた親御さんが多かったです。

保護者会議で学校側から「何か質問や意見はありますか?」と聞くと、しーーんとなるんだけど、アンケートでは積極的に発言してくれました。

また、アンケートを手渡しで回収したので、その際にひとりひとりの親御さんと話す時間が少し持てました。

 

先生・学校の反応

普段会わない役員2人には直前の会議でアンケートのアイデアを話しました。結果は二人ともそれぞれ持ち帰って確認していたようです。(感想はまだ聞けてない)

先生たちも興味を持って読んでいました。うちでは先生たちのアイデアが役員に聞き入れてもらえないことがよくあります。(そこが一番の課題ではあるけど)

同じ考えの保護者がいるということを知ると、代弁してもらえてるようで「ほら、やっぱりこうした方がいいじゃん!」とポジティブになれたようでした。

 

ボランティア個人の感想

「もっと早くやればよかったなぁ」とも思いましたが、もしこれを1年前にしていたら、「着任から半年も経っていない他所の人がなんだかガサ入れに来た!?」という空気になっていたかも。

1年以上活動してきた信頼関係があったからこそ、保護者のみなさんもはっきり書いてくれたんじゃないかなと感じています。

 

私の発案でやってみたアンケートですが、私だけでなく生徒・保護者・先生・学校にとっても、授業を振り返り、これからを考えるいい機会になりました。

 

4. 反省点と課題

    • 保護者会議に参加していない人に渡せなかった

→月謝袋に入れて、生徒に持ってきてもらう

  • 質問項目と選択肢は改善要

今回の質問は「満足しているか」という点で聞いていることが多かったので、「授業のスピードは早いのか遅いのか」「宿題の量は多いのか少ないのか」という聞き方をした方が絶対によかった…

 

保護者の方からは「もう少し日本文化を教えて欲しい」とありましたが、どんな日本文化を何を通して教えて欲しいのかは記述がありませんでした。

 

おそらく保護者の方も漠然としかイメージできてない、これについて言語化して考えたことがないからかも。そこまで読んで選択肢を作れていなかったのは次回の改善点です。

→選択肢にアイデアを入れておく(折り紙、料理、書道、しつけ、行事etc)
→担当教師を書く欄を作る(これは完全に凡ミス。笑)

 

 

 

やっぱりやってよかったと思っています。

次の実施には帰国直前ですが、内容を少し変えてまたチャレンジしてます。

こういう風にしたらいいよ〜とかアイデアがあれば、ぜひ教えてください!

 

コメントを残す