日本語授業レシピ

【授業レシピ】超複式の会話例PART2

スティービーワンダーと同じ誕生日のミカ(@mica513)です!

 

以前、複式授業での会話練習法をご紹介しました。

▼詳しくはこちらの記事をどうぞ
【授業レシピ】超複式で会話の授業!?こんな方法でやってみた

 

 

 

 

その後、同じクラスで別の会話例をやってみたのでシェアします!

クラスの状況:同じ教室、同じ先生、同じ教科書(みんなの日本語)で学ぶが、進捗はバラバラの生徒3人。年齢は10代〜50代の成人です。
ルトガル語で1時間勉強した後、私が30分間の会話の授業を担当しています。

板書には、生徒それぞれの課・ページ・練習問題の番号を割り当てています。

 

では、早速 行ってみよーう!

パターン1:年功序列…?


最終的にはこんな板書になりました。

前回同様、教科書のこの部分をやるよ〜と(ポルトガル語で)各生徒に説明します。教科書にあるイラストを見ながら進めていきます。

  • 生徒S 1:第1課 練習B-7
  • 生徒S2:第5課 練習B-8
  • 生徒S3:第12課 練習B-4

T:ミラーさんは何歳ですか。
S1:28歳です。
※「数字+歳」ちゃんと言えてるかチェック

T:ミラーさんの誕生日はいつですか。
S2:10月6日です。
※日付の言い方チェック

(S3まだ出番なし)

T:山田さんは何歳ですか。
S1:38歳です。

T:山田さんの誕生日はいつですか。
S2:3月27日です。

T:ミラーさんと山田さんとどちらが若い(年上)ですか。
S3:ミラーさんの方が若いです。(山田さんの方が年上です)
※  [若い][年上]の意味はポルトガル語で導入しました

最後に5人、年齢がわかったらS3に質問。
T:誰がいちばん若い(年上)ですか。
S3:カリナさんがいちばん若いです。
(サントスさんがいちばん年上です)

 

誕生日はのくだりは正直 関係ないんですけど、年齢の話題になったついでに聞いてみた!という流れです。日本人同士ならよくある?よね。笑

 

 

パターン2:買いたいときが買い替えドキ!

  • S1:第2課 練習B-5、6
  • S2:第6課 練習B-3
  • S3:第13課 練習B-1、2

T:それは何ですか。
S1:車のカギです。
「カギです」という答えでもOK、そしたら何のカギですか?と聞く

T:どこで買いましたか。
S2:カギ屋で買いました。(買う場所は生徒チョイス)

T:そうですか。でもこれ….もう古いです。壊れました。
S3さん、どうしましょう?(みたいなフリ)
S3:新しいカギがほしいです/を買いたいです。
T:ですよねー!(リアクション)

 

 

いかがでしたか?

日系社会の日本学校にはいろんなパターンの学習者がいます。日系・非日系、在日経験者から日本へ渡航予定の人など、バックグラウンドも様々。

レベルの向上はもちろんですが、日々の生活では使わないからこそ、少しでも日本人と話すこと・日本語で話すことを楽しんでほしいものです。

 

前回の記事でも紹介したのポイントはこの2つ!

  1. 教科書で出てきた単語・文型を使う
  2. なんとなく同じ場面にいるという設定作り

 

授業アクティビティーを考えるためのヒントとして、少しでもお役に立てれば嬉しいです。

 

コメントを残す