日系コミュニティー, 日系社会ボランティア, 活動ログ

在外研修で学んだ「対話と発信」のチカラ

ブラジルで日本語教師をしているミカ(@mica513)です。

 

5月の誕生日の夜、私は自分のアパートではなくサンパウロのホテルにいた…

 

 

在外研修とかいうやつに参加するために!

 

 

在外研修とは

文字どおり自分の任国以外での研修。 今回は、日系社会ボランティア30周年の節目として、情報共有や意見交換を通して募集や訓練の再構築、そして活動の質向上と事業の改善を図ろうというのが目的でした。

 

要は、みんなで集まっていろいろ見直そう!ってことです。

 

スケジュール

  • 0日目夜:メンバー顔合わせ。各国・各任地の紹介
  • 1日目:有識者の講義、グループワークで課題の整理
  • 2日目:移住地視察
  • 3日目:グッドプラクティスの共有、まとめ

 

どんな人たちが来たのか?

ブラジルからは日本語教師・ 野球・人文学・料理・高齢者介護・栄養士・青少年活動・小学校教育・幼児教育の職種で計11名。 その他、開催国のボリビア、パラグアイ、ドミニカ、アルゼンチン。そしてペルーとメキシコからは協力隊の方たちが参加していました。合計28名。

 

ほとんどが一緒に訓練を受けた同期ボランティアでした。特にドミニカ隊員は規定で任国外旅行で南米に来ることができないため、貴重な再会。

 

 


ドミニカじゃなくても思わずハグ

 

南米諸国ではブラジルだけが日系社会ボランティアのみの派遣。他国の同期たちのように協力隊の人と絡むことがないので「わぁ〜協力隊の人だ〜」ってなりました(ミーハー)

 

 

 

では研修の内容を具体的にご紹介します!

 

前夜:任国&任地紹介

派遣前訓練では、南米全体の日系の歴史・現状をざくっと学んできましたが、1年活動してから聞く他の任地の情報は新鮮でした!

日系人が渡った経緯や特産品もいろいろあるんだなぁ〜。

 

1日目:有識者の講義&グループワーク


訓練でお世話になった水上さん

まず日系人協会やJICAの南米部の方の講義を聞きました。

とりあえず一番フォントの大きかったキーワードが、

自分からの対話と発信

 

ふむ。(あんまりピンときてない)

 

 

事前アンケートの振り返りと今回の研修のねらいを確認したあと、教育・福祉・農業と3つの分野でグループワーク。

こんなことを話しました。

  • 活動でどんなことに困っているのか?
  • その原因は任国の文化or配属先の問題orボランティア個人?
  • 翌日の移住地視察をどこをポイントに見るか?

 

2日目:移住地視察

サンフアンオキナワという2つの日系人移住地にお邪魔しました。
ボリビア移民の歴史は60年とブラジルよりは新しく、昔の日本がさらに強く残っていました。

 
小泉元首相の記念碑(サンフアン)と立派な資料館(オキナワ)

 

移住地の中は学校・診療所・工場などインフラがしっかり整って、移住地までの道のりでみたボリビアの雰囲気とは異なりました。まさにコロニア。

 

国からも認められている学校は、カリキュラムの日本の小学校のよう。オキナワではエイサーや三線の授業もあるそうです!学校要覧、広い施設、学習目標の日本語掲示と、同化の進んだブラジルでは考えられてないことばかりでした。


沖縄では有名な漫画家さんが描かれた「校内のルール」

 

各学校の先生方と対談のお時間も頂き、指導上のアドバイスや保護者へのアプローチ方法を伺いました!

 

 

3日目:グループワーク&まとめ

視察で見聞きしたものをヒントに、1日目に整理した課題をどうやって解決していけるのかを考えました。同時に、ボランティアが各地で行っている「この授業はウケてたよ」「この指導法だと南米の子にも響くよ」などグッドプラクティスを共有しました。

1日目のアウトプット、2日目のインプットがリンクし、みんなアイデアが出る出る!!!(書記の私、ワタワタ!)

ものすごく盛り上がりました。まとめるのは大変だったけど楽しい難しさ。

最後に分野別でまとめた結果を発表。同時開催で在外事務所同士の会議もあったので、各国のJICA事務所の方々にも発表しました。

 

 

まとめ

参加して本当によかった!

予想以上の学びがいっぱいありました。

  • 他の任地を見る=自分の任地を客観視できる
  • 国・地域・職種が違っても共通する課題がある
  • 課題をアウトプットすることで自分の中でも整理できる
    =自分との対話&配属先や同期への発信

…おや?!

対話と発信!!!

 めっちゃ大事やん!

 

 

 

ブラジル勢だけスペイン語できないからソワソワしてたけど(笑)、ボリビア人ってスマイル(0ボリビーアノ)で接客してくれました。おかげ快適だったボリビアでの日々。

 

最終日はボリビア料理のレストランで食事。

 

次はウユニで再入国を狙います。

以上、研修レポでした。

 


動画にもまとめました!

コメントを残す