ブラジル生活, 日系社会ボランティア

現地人的カーニバル休暇の過ごし方:タイプC

ブラジルと言えばカーニバル!でもみんな何すんの?

先月2月28日はカーニバルで、ブラジルは祝日でした。

 

ブラジルでは火曜が祝日の場合は月曜日も、木曜が祝日の場合は金曜日も学校や仕事が休みになります。※もちろんお仕事にもよりますが。

 

なんとも御都合主義、いや、逆に「1日ぐらい勉強しなくていいじゃん」という一貫性があるようにさえ見える…。

 

こと、カーニバルにおいてはさらにその前の週末からお祭りムードです。
なんなら年が明けてもカーニバル終わらないと仕事とか本腰入れないとか?

 

有給1日取るのに必死な日本人とは大違いですね…。

 

 

 

さて、カーニバル休暇の過ごし方はいろいろあるようで、同期からの話もきいてまとめてみました。

 

 

タイプA:プロのカーニバルを見に行く。

リオにもサンパウロにもカーニバル専用のスタジアムがあります。

チケットを買って会場まで足を運び、プロのサンバを夜通し見物!

写真やニュースの映像だけでも生の迫力が見所であることが伝わります。

 

 

 

タイプA+:カーニバルに参加する。

サンバスクールに通って、踊ります。タイプAの見られる側です。

スクールごとに衣装や山車のテーマがあり、念入りなリハーサルも行なわれるそうです。

体力に自信のある方、どうぞ!

 

 

 

タイプB:近所のブロッコでパーリーピーポー。

ブロッコはブロックのことで、サンパウロ市内だけでもいろんあ場所で路上ライブをしています。

猫耳つけたり女装したりして、踊りに行きます。

こちらは入場無料。駅や道路での規制はありますが、誰でも気軽に楽しめそう。

※どの場所で開催されるかはgoogle mapで虹色に表示されてる道路らしい!(先輩情報)

 

 

 

タイプC:海で過ごす。

今回、私はこの一番ピースフルなやつにしました。笑

ブラジルでまだ海に行ったことがなかったので、手始めに来るまで2時間の港町サントスへ。

 

日本の海とブラジルの海を比べて思ったこと。

  • ビーチが硬いので歩きやすい
  • 足に引っかかる海藻がない
  • パラソルとビーチチェアが置いてある
    それらを使う代わりに近くのドリンクカーで飲み物を注文するシステム
  • 飲み物注文したら持ってきてくれる
  • 売り子がうろうろしてるので動かずしていろいろ買える(おつまみ、おもちゃなど)

 

まさに快適でした!

5時間ほどの滞在でも十分楽しめました。

 

波を眺めて、ゆっくりお酒を飲みながら、家族や親戚が集う場所、それがブラジルのビーチのです。

ブラジル人がなぜクリスマスやカーニバルを海で過ごすのかがわかった気がする….!

 

 

また、サントスは移民1世の母が船で最初に辿り着いた場所、私にとっても所縁の地です。

移民上陸記念碑と、日系人が作ったモニュメントもしっかり訪れました。

 

 

 

 

 

さぁ、来年は何しよう?

 

コメントを残す